女性の髭好き

女性の髭好き

女性の髭好きっていると思いますか?
いますよ。東南アジア、特に南国では、女性の髭はかなり当たり前で、沖縄の小学生でも髭の生えた女の子がたくさんいるとありました。
つまり、髭好きの女性はいると思います。でも、男性の髭好きは聞いたこがありません。
もちろん女性が男性の髭好き!というのはわかりますが、逆はちょっと想像できないですよね。
だから、処理をするしかないのですが、髭好きでも嫌いでも、処理方法にはたくさんあります。

 

取り除く、抜く、薄くする、永久脱毛する、などです。
まず今日からでもできることをご紹介します。
それは電器シェーバーで剃る。女性なら誰しもちょっとしたムダ毛を処理するのに、電器シェーバーを持っていますよね。
出来れば顔用がベストです。それに加え、抑毛効果のあるクリームやローションを使用して、電気シェーバーで剃る回数を減らすのです。

 

今は抑毛効果のある化粧品もいくつか出ていると思いますので、ネットで探してみてくださいね。
でも、脚や腕用と書いたものを顔に使うのだけはやめましょう。
なぜなら、顔には刺激があるか、除毛剤のような刺激物が少量なりとも入っている可能性があるからです。

 

せっかくの抑毛が敏感肌になったり、肌荒れ、アトピー性皮膚炎になったりしたら本末転倒ですから気をつけてくださいね。
かならず顔用です。

 

それから、取り除くですが、抜くことになります。
これは毛穴にとってもお肌の細胞にとってもよくありません。
よくないということを説明します。

 

まず、毛を抜いても、毛根は残り、また成長してきます。
でも、髭を抜くことにより刺激が伝わり、メラニン生成することもあります=黒ずみます。
もう1つは、毛穴周りの細胞が損傷して化膿したり腫れたり、敏感肌になったりします。
一度敏感肌になったら毛抜とか抑毛とかよりも面倒なことになるのは女性ならおわかりですよね?

 

だから、毛抜きで抜く、ローラーで絡め取る、パックで一気にはがすなど、物理的に抜くや引っ張って途中で切れてしまうようなことはやめた方がいいです。
早く寝る。肌の修復をしてくれる時間、女性ホルモンが多く分泌される時間に寝ていることにより、効果は絶大なのですよ!
食生活に女性ホルモンと同等の食品を取り入れる。難しいようならサプリメントで摂取する。

 

ストレス発散のために何かをする。これは運動だけに限らず自分が好きですっきりすることをしてみるので発散できると思います。
でも、間違っても、ストレス発散のためにスイーツのバカ食いとかはやめましょうね。