女性のヒゲのお手入れ

女性のヒゲのお手入れ

女性のヒゲのお手入れはだいたいおわかりになりますか?
皆さんほとんどが自己処理をしているそうなのですが、家での自己処理でもヒゲのお手入れには色々とあります。

 

今の働き盛りの女性は仕事に家庭に人間関係と大忙しの毎日でしょうから、ヒゲのお手入れにも、時短を求めると思うのです。
そこで、今回は、自分でこっそり時短可能なヒゲのお手入れベスト方法をご紹介したいと思います。

 

女性の皆さんですから毎日お風呂に入って清潔にはしていますか?
これ結構重要なのです。就寝前に清潔にして、ヒゲをシェービングします。

 

あまり濃くない人なら10日に一度ぐらいでしょうか。もし濃いので毎日という方は仕方がないので、お肌や手が清潔な時にヒゲのシェービングをしてください。
これがお手入れの一つ目。それから、抑毛効果のある化粧品(クリームやローション)を塗ります。

 

これにより、シェービングされたお肌の表面に保湿作用と修復作用を施してくれます。
さらに抑毛効果ですから、次に生えてくる毛が細くなったり、弱弱しい毛だったり、生えてくる周期が長くなったりします。
一番やってはいけないのが毛抜きで抜くということです。

 

一本や二本ならまだしも、全部を毛抜で抜くのなら、時間がかかりますから、医療脱毛やエステサロンに時間やコストをかける方が安全だと思いませんか?
だから、毛抜きだけは我慢しましょう。

 

抑毛効果のある化粧品は、今やたくさん種類がありますが、かならず顔専用のものを使用するようにしてくださいね。
腕用脚用と兼用品なら、デリケートな顔のお肌に合わないことがあるかもしれません。
上記は生えた毛にアプローチする方法でした。

 

次にインナーケアです。身体の内側からヒゲのお手入れをする方法です。
ヒゲが生えてくる、濃くなるのはホルモンバランスが崩れるからですよね。だから、女性ホルモンを摂取するようにしてください。

 

代表的なものでいえばイソフラボンですが、日本食には多くの大豆製品が取り入れられています。
たとえば、お醤油、お味噌、全部大豆ですよね?これに納豆を食べれば、厚労省の推奨量である1日30mgを超えます。

 

上限値は70〜75mgです。これを超えて摂取を続けると、婦人科系の癌や疾患になるリスクが高まるそうですので、豆乳を1日200cc飲むだけで十分です。
もし豆乳や納豆がダメな方ならサプリメントも発売されていますので、それを利用するのも賢いヒゲ対策ですね。

 

そして、量、質ともに十分な睡眠でお肌が修復する時間、女性ホルモンが体内で分泌する時間を作ってあげてくださいね。これらが自分で確実にできる時短のヒゲのお手入れです。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?