女性のひげ治療最新事情

女性のひげ治療最新事情

女性のひげで一番の治療は病院と同じクリニックで行う永久脱毛です。
病院と同じなので、エステサロンで半永久脱毛するレーザー照射が同じでも、ひげ治療として、医療行為を受けることになります。だから、費用もエステサロンより少し高くなります。

 

女性でひげの治療を医療脱毛で行った人はそれほど多くないと思います。
よっぽど時間とお金に余裕があれば、平日の昼間に毛の生える周期にあわせて来院してひげ治療ができる女性ですよね。

 

働く女性は経済的に余裕があっても、やはり予約が取りやすくて、店舗もたくさんあり、気軽に訪問できるエステサロンでのひげ治療となります。
女性のひげ治療最新事情は上記医療脱毛かエステサロンですが、ほとんどが自己処理ではないでしょうか?

 

自己処理では色々と情報がありますので、ひげ治療の最新事情をこちらではご紹介いたします。
まずは、医療脱毛です。

 

こちらは本当に永久脱毛と言われていて、レーザー照射をすることにより、毛根を破壊しますので、毛は生えてきません。
ただ、一度に全部照射できるわけではありませんし、痛みも少々あります。

 

1つ安心なのは、医師免許を持った人しかできない行為なので、医療行為もしてくれます。
お肌が弱い、敏感肌、アトピー性皮膚炎の傾向などのある人はこちらに行って、カウンセリングを十分に受けてから永久脱毛を始めてくださいね。
回数は5回〜10回で、毛の生える周期にあわせて通う必要があるために、時間に余裕がある人の方が予約が取りやすいそうです。

 

もうひとつがエステサロンでの永久脱毛です。
こちらは医師免許を持っている人が施術するのではなく、プロのエステティシャンと呼ばれる人が施術するため、半永久脱毛になるそうです。
でも数十年は生えてきそうにないので半永久脱毛というそうです。

 

ただし、万が一お肌にトラブルがあった時には、医療行為はできませんので、皮膚科に行く必要があるというのでデメリットです。
メリットは医療脱毛に比べて比較的店舗が多いため、予約を取りやすい、会社帰りに気軽に通えるということでしょうか。
もちろん、医療脱毛よりは少々安い設定となっております。

 

施術内容は医療脱毛とほぼ同じで少々痛みがチクチクとあるそうですが、我慢できないほどではないそうです。
自宅でできる半永久脱毛器械も色々と発売されています。

 

これなら自分で空いた時間に自宅でこっそりできるし、医療脱毛やエステサロンよりさらに低コストです。
ただ、レーザーや光照射の強度や頻度のコツを掴むのは意外に難しいそうなので、よく吟味してみてくださいね。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?