女性のひげレーザー処理

女性のひげレーザー処理

最近の女性は忙しくてひげが生えているので、レーザー(医療脱毛)処理なんて通っていられない!という人も多いかもしれません。
でも、以外にレーザーでひげ処理をしている女性が多いことがわかってきました。
キャリアを持ち、バリバリ働く女性なら当然ひげが生える可能性は高いですし、経済的にも余裕があると思いますので、レーザー処理の価格はあまり気にならないのかもしれませんね。

 

でも、レーザー処理を顔のひげにするのは怖いと思いませんか?しかも、男性ならまだしも、女性で何かあれば、顔に傷がついてしまいます。
せっかくひげをなくすためのレーザー処理が高い費用を払って、別の肌荒れになったら台無しです。
だから、女性のひげをレーザー処理するメリットデメリットを見てみましょう。

 

まずはメリットから、「肌のトーンが明るくなる。」これは毛がなくなるのだから、当然ですよね。
電器シェーバーで剃っても顔色は明るくなります。
メイクのノリがいいので、厚化粧にならない。

 

他人の視線が気にならない。夕方にまた生えている毛をトイレに行って毛抜きで抜くなんてことが不要になってきますよね。
精神的に手間がなくなるので、気分が明るくなる。というものです。
では、デメリットですが、少々痛いです。

 

しかも、顔はデリケートなので、脚や腕でレーザーをしたことがあって大丈夫と思っていても、顔はさらに痛いと思います。
次にやはり費用がかかるということでしょうか。

 

最後に、忙しいけれど何度も病院に通って、レーザー照射を受けなければいけないというデメリットです。
医療脱毛ですから、麻酔をすれば、少々の痛みは和らげてくれますが、完全に痛みがなくなるということはないそうですよ。
ひとつ気になるのが、男性のひげは濃くて色も黒いのですが、女性の産毛とひげの間ぐらいの毛はレーザー照射が黒に反応するのに、弱い反応となる場合があります。
つまり、産毛に近いほうが、レーザー照射の脱毛は難しいのです。

 

男性の場合は密集していて根が深い為、効果が出るまで長い期間掛かりますが、女性の場合は男性ほどの期間を必要とすることは無いでしょう。
それから、会社帰りに通うことを考えている人は、全国的に見るとレーザー照射できる所が少ないので、ひげの生える周期にあわせてちゃんと通えるのか?と心配ですよね。
一度、会社に一番近い医療脱毛をしてくれるところにカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?
もちろんHPを見た上で、これはら費用も払えると確認した上で。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?